2013年04月05日

髭剃り後の肌荒れを治したい|毎日の髭剃りがきつい場合

髭剃り後に肌が赤くなる


髭剃り後に肌が赤くなったり、カサカサしたり、粉をふいたり、
乾燥したりしていませんか?


髭剃りは毎日行うものです。
しかし、髭剃りのたびに肌は少しずつ傷ついています。
特に髭剃り後のケアを行うと、肌は乾燥し、硬くなり、
ますます傷つきやすい肌へと変わってしまいます。
その結果、肌の炎症が起こり、肌が赤くなったり、
乾燥したりしてしまうのです。

特にカミソリを使っている場合は、皮膚に直接刃を当てるため、
皮膚にかなりのダメージを与えることになります。

髭をしっかりと剃るために力を入れてしまうと、
その分だけ皮膚にダメージを与えてしまいます。

髭剃りはやめられない


永久脱毛などに手を出さない限り、髭剃りをやめることはできません。
サラリーマンは特にやめることはできません。

身の回りを清潔に保つこともサラリーマンの仕事の一つです。

では、どのようにして髭剃りによる肌荒れをなくせば良いのでしょうか?
それは、しっかりとケアすることが重要です。
以下に大まかなケアの仕方をまとめたので、参考にして下さい。

髭剃り時のケア


髭剃り前
ひげ剃り前はあごを蒸らし、ひげと肌を柔らかくします。
ぬれタオルなどで暖めると良いでしょう。

洗顔
ゴシゴシと洗わず、泡を作り優しく洗いましょう。
保湿成分が入っている洗顔フォームがあればさらに良いです。


洗顔フォームが良く泡立つものであれば、
その洗顔フォームの泡で髭剃りをしてしまっても良いです。
泡がキメ細かいほど滑りがよくなり、
髭剃りによるダメージも少なくなります。


電気シェーバー or カミソリ
電気シェーバーの方が、傷つきにくいです。
電気シェーバーは原理的に刃が肌に触れないようになっています。
そのため肌へのダメージが非常に小さくなります。

その変わり、ひげが少し残ってしまいます。
ひげが薄いかたは電気シェーバーをオススメしますが、
濃い方はやはりカミソリが良いでしょう。

カミソリを使う場合は、事前にしっかりとケアし、
髭剃りを行いましょう。

髭剃り後
髭剃り後にも保湿を行います。
いくらケアしても、カミソリによる傷が0になることはないので、
髭剃り後にもしっかりとケアを行いましょう。

化粧水などで水分を補給し、油分でちゃんと水分を閉じ込めます。
油分がなければ、水分はすぐに蒸発してしまし、
たちまち乾燥肌へと戻ってしまいます。


これらが髭剃り時の対処法になります。
めんどくさい部分もありますが、肌荒れをなくすためには、
しっかりとしたケアが必要です。

髭剃りとは一生の付き合いになる可能性が高いので、
早いうちにケアに慣れてしまいましょう。
posted by はだのなやみ解決隊 at 00:14 | Comment(0) | 髭剃り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る
国際結婚
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。