2013年03月31日

Tゾーンのテカリを防止したい|脂性を改善したい方に

現状を把握する


Tゾーンは毛穴が多く、皮脂の分泌が多い場所になります。
そのため、皮脂が過剰に分泌され、脂っこくなってしまい、
おでこや鼻はテカリやすくなります。


朝に洗顔をしても、夕方にはテカテカになってしまっている
ということはありませんか?
この場合洗顔や保湿などのスキンケアのやり方を
間違えている可能性があります。

このまま皮脂が過剰に分泌した状態でいると、
毛穴に皮脂が詰まってしまい、毛穴が広がり、見た目が老けてしまいます。

皮脂を抑えることは、老化防止にもつながり、清潔感もでます。

皮脂の過剰分泌の原因


皮脂の過剰分泌の原因の一つに間違った洗顔が挙げられます。

Tゾーンが脂っぽい場合、どうしても脂を落としたくなります。
そのため、脂っぽく感じるたびに洗顔を行い、
洗顔の回数がどんどん増えていってしまいます。

しかし、肌は皮脂を落としすぎると、皮脂を出すように命令を与えます。
つまり、皮脂を落とせば落とすほど、それを補うように、
どんどん皮脂を分泌するのです。

この状態が皮脂を過剰分泌している状態となり、
Tゾーンのテカリや脂っぽさの原因となります。
肌にとって一番良い状態は、皮脂と水分のバランスが取れた状態になります。

対策


洗顔
洗浄力の弱い洗顔フォームを使います。
また、洗顔の回数は多くても朝晩の2回にします。

はじめのうちは皮脂が落ちきっていないと感じると思いますが、
その状態がちょうどよい状態なのです。
いつもの皮脂を落とし過ぎている状態が異常だったと理解して下さい。

肌の改善には3ヶ月から半年ほどはかかりますので、
すぐに効果が出ないからといって、すぐに諦めるのはやめましょう。
継続することで必ず肌は改善されます。

食事
油っこい食事は控えましょう。
やはり、食べ物は大切です。
油っぽいものを食べれば、その分、脂を分泌するようになります。

食事の改善を行えば、より早く肌が改善します。
油っこいものすべてを食べてはいけないというわけではないので、
ストレスにならない程度に減らしていきましょう。

保湿
皮脂が過剰分泌していても、乾燥している場合があり、
しっかりと保湿をする必要があります。

肌の最も良い状態は、水分と油分がバランスの取れた状態であり、
どちらかが足りないとあまり良くありません。

洗顔後にしっかりと保湿を行い、
肌に一定量の水分を与えておきましょう。


正しいスキンケアをすることで必ずテカリは治せます。
体質改善になりますので、半年以上のスパンがかかると思っていてください。
途中で諦めずに続けることが大切です。

ストレスにならない程度にケアを行い、
バランスの取れた肌を取り戻しましょう。
posted by はだのなやみ解決隊 at 01:20 | Comment(0) | 肌の脂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
TOPに戻る
国際結婚
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。